映像制作会社に就職するためにまずすること

映像制作会社に就職したいと思っている方は、何に憧れ何を作りたくて会社に入るのでしょうか。画像配信はいまや素人でもできます。では美術関連の方たちか、それともカメラやマイクのような機材が好きな方、華やかな世界に憧れてのことといろいろあると思います。入り口はさまざまだと思います。そして会社に入るために何ができるのかと考える方も多いと思います。大学や高校で演劇や映像などに携わっていた方たちは、そこをアピールできると思います。作品を作る楽しさを、演技することではなく、裏方と呼ばれる人達がいかに大変で楽しい作業なのかをアピールできると思います。また映像編集などの技術や知識を勉強しておくこともできます。ただ結局入って見なければ、どんな機材があり、何を担当するのかは不明です。もっとも重要なのは体力と、良いものを作りたいと思う気持ちです。

映像制作会社に入るためにアルバイトという手もある

映像制作会社の求人は以外と多く、また未経験可という会社も多いです。入りたい会社が明確な方でなければ、アルバイトから始める方法もあります。学生時代から映像業界の会社に入り下積みをすることで、正社員登用される可能性もありますし、正社員の話がなければバイト経験ありという形で就職活動をすることもできます。経験は何にも勝ります。また映像の世界は技術とともに企画力が非常に重要になります。お金が無くても撮れる映像を求められることもありますし、お金があるのなら、さらに良いものを求められます。ここで企画力が求められますが、どんなに素晴らしい企画でも伝えて納得してもらえなければ実現はできない、つまり発信力やコミュニケーション能力が求められます。技術も知識も大切ですが、やる気とは具体的にはこの辺りにあるのだと思います。

映像制作会社に適しているのは派手さではなく地道な努力

映像制作会社といえばなにやら華やかな世界ですが、ひとつひとつは地味な作業の積み重ねが多いようです。たしかに華やかな世界の人達と関わる事もあります。できる作品は色々な場で映像として映ることもありますし、どこかの会社の記念にもなります。また誰かの記念日に喜ばれる作品になります。そこに関われることが嬉しいと思える方が、この業界に合う方なのだと思います。またその世界が好きというのは、意外と侮れないパワーです。スポーツ関連に特化した会社、アニメ関連の会社、SNSに強い会社と得意分野がさまざまありますから、じっくり会社を探す余裕も欲しいです。もちろん有名な映画会社やテレビキー局への就職は非常に難しいですが、そこだけで映像が作られているわけでは無いので、自分が作った映像がテレビに流れる可能性も十分あります。映像関連の会社は今人手不足と言われています。